IE NI SUMAU HIDA NO SATOYAMA

家に住まう飛騨の里山

家に住まう
飛騨の里山とは

小さな里山の行方

01

About

森の中の小さな木々

面積のほとんどを森林が占める岐阜県飛騨地域。森に囲まれたこの地域では、古くから林業が盛んに行われてきました。人の手で森を管理することは、生態系の維持や土砂災害の防止につながります。かつてのように生活の糧を森から得る必要が無くなった今、林業の役割はますます重要になってきていますが、担い手不足や木材価格の低下により産業全体が低迷しています。素材生産を目的とする林業では、丸太にならない小さな植物はあまり着目されません。実は、その多くが植木としてとても人気のある樹種なのですが、作業の邪魔者扱いされ、切り捨てられています。私達は造園業者の立場からそれをみて、もったいないと感じています。これをなんとか活かすことができないだろうか?そう考え、小さくも美しい飛騨の自然を「山採り」の植木として活用する取り組みを始めました。

私たちは庭師をしている

02

About

飛騨の里山を全国の庭へ

私たちは岐阜県飛騨市を拠点に全国を飛び回る、庭づくりのスペシャリスト集団です。商業施設のような大きな現場から個人住宅の小さな庭まで、幅広くお仕事させて頂いています。庭づくりで使う植物は、どこから来たのか、誰が育てたのか分からないものがほとんどです。それに幾重の手間をかけ、仕入れし、運び、施工しています。しかし、それらの植物の多くは、飛騨の里山にもたくさん生えているということに気が付きました。これを使わない手はない。地元自治体や林業を生業とする方々と協力して、私たちの手で庭づくりに使えれば、ただ伐り捨てられるだけだった植物に活路が拓く。そして、飛騨の森で育った木の里親をみつけることができる。そんな思いから、家に住まう里山プロジェクトが始まりました。低迷している林業の付帯産業として新たな価値を見出し、地域においては新たな雇用が生まれる。 我々は、そんな可能性の詰まった飛騨の里山を多くの人に知って貰いたいと思っています。 夢は、東京丸の内のビルの屋上に飛騨の里山をつくることです。